大人一律10円値上げもこども50円均一に値下げへ! 泉北高速鉄道運賃改定(2023年10月1日)

  2737回閲覧

大人一律10円値上げも子供50円均一に値下げへ! 泉北高速鉄道運賃改定(2023年10月1日)

泉北高速鉄道は2023年1月19日、プレスリリースにて2023年10月1日に運賃を改定すると公表した( 鉄道運賃を改定します )。今回はこれについて見ていく。

2023年鉄道バス運賃料金改定まとめはこちら!

塗装簡略化で値上げを10円に抑えへ!

今回の2023年10月1日泉北高速鉄道運賃改定では、運賃を改定することとなⓉⓉ。

今回の運賃改定はすでに2019年10月1日の消費税率増税時の運賃改定時に国土交通省から認可を受けていた上限運賃の上限最大にまで運賃を引き上げる。これにより今回の運賃改定は届け出のみで行われるため、認可手続きはなされない。

今回の運賃改定では大人運賃を全区間で10円ずつ値上げする。

これにより初乗り運賃は170円から180円に、なかもず~和泉中央間は330円から340円となる。

もっとも今回の運賃改定が2023年4月1日ではなく10月1日となったのは直通する南海電鉄の運賃改定日に合わせてたからなのだが、南海電鉄では多くの区間で40円値上げとしているところ泉北高速鉄道では10円の値上げにとどめている。

これは泉北高速鉄道が比較的短距離であることのほか、5000系、7000系、7020系などの車体の塗装色を1色減らすことで省力化を図っているためだろう。

これらにより、泉北高速線内では10円の値上げで済んでいるほか、2022年と比べても南海難波へは南海電鉄が特定運賃を設定することにより20円の値上げで済むし、なかもず乗り換え地下鉄御堂筋線経由での大阪市内行きもOsaka Metroの鉄道駅バリアフリー料金制度による10円値上げを含めても20円の値上げで済む。これにより南海難波~泉中央間は670円から690円に20円の値上げとなる。




こども運賃を10円に値下げへ!

今回の2023年10月1日泉北高速鉄道運賃改定では、ICOCAなどのICカード利用時にこども運賃を全線で一律50円に値下げする。

こども運賃を一律50円とするのは2022年3月12日小田急電鉄運賃改定に続き日本で2例目となる。


結び

今回の2023年10月1日泉北高速鉄道運賃改定では、運賃を大人で一律10円の値上げを図るほか、こどもはICカードで一律50円に値下げすることとなった。

今後泉北高速鉄道でどのようなダイヤ改正を行うのか、見守ってゆきたい。

同日実施の2023年10月1日南海電鉄運賃改定はこちら!

2023年鉄道バス運賃料金改定まとめはこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました