国鉄航路運賃変遷

  1599回閲覧

日本国有鉄道及び旅客鉄道6社の旅客営業規則第77条記載の、国鉄航路運賃の変遷です。

データは1958年より記載しています。1958年当時は6航路ありましたが、橋の架橋や1988年4月10日の一本列島化により、今ではJR西日本子会社JR西日本宮島フェリーの宮島航路のみとなりました。

なおこのデータの作成にあたり、デスクトップ鉄さんの旅規ポータルを参考に作成し、一部つじつまの合わない点は国鉄監修 交通公社の時刻表(現 JTB時刻表)で照らし合わせました。

下記データの作成にあたり細心の注意を払っておりますが、誤っている可能性があります。ご了承ください。

国鉄航路運賃変遷

以下の表は横スクロールできます。

国鉄航路運賃変遷
改訂日 青函 宇高 仁堀 宮島 大島 関門
以前 250 60 170 20 30 40
1961/4/6 290 70 200 30 40 50
1966/3/5 380 90 260 40 50 廃止
1969/5/20 500 120 300 50 60
1974/10/1 600 150 370 60 70
1976/11/6 900 230 600 100 廃止
1978/7/8 1200 280 720 120
1979/5/20 1200 320 810 120
1980/4/20 1300 340 860 120
1981/4/20 1400 370 940 140
1982/4/20 1500 400 1000 140
1984/4/20 1800 450 廃止 140
1984/7/7 1800 450 160
1985/4/20 1900 480 160
1986/9/1 2000 500 160
1989/4/1 廃止 500 170
2014/4/1 廃止 180

単位:円

コメント

タイトルとURLをコピーしました