今ふたたびの20円値上げへ 静岡鉄道運賃改定(2023年4月1日)

  311回閲覧

今ふたたびの20円値上げへ 静岡鉄道運賃改定(2023年4月1日)

静岡鉄道は2022年10月26日、プレスリリースにて2023年4月1日に運賃改定を行うと公表した( 鉄道事業の旅客運賃改定申請について )。今回はこれについて見ていく。

3年半ぶりの値上げへ

今回の2023年4月1日静岡鉄道運賃改定では、2019年10月1日静岡鉄道運賃改定以来約3年6か月ぶりに運賃を改定する。

今回も前回同様全区間で20円ずつ引き上げを図る。

これにより初乗りは140円から160円に、新静岡~新清水間は330円から350円にそれぞれ値上げする見込みだ。詳細は以下の通り。

静岡鉄道運賃前後変化
改定日
営業キロ(km)
2019/10/1
消費税率改定
2023/4/1値上げ率
1~214016014.3%
3~415017013.3%
517019011.8%
620022010.0%
72202409.1%
82502708.0%
92803007.1%
103103306.5%
113303506.1%

単位:円

これにより初乗り運賃は160円となることから、JR東海の初乗り150円より割高になる。

また遠州鉄道も2022年時点で初乗り140円であることを考えると、やや割高感が出始めている。

この運賃値上げにより老朽化した1000系をA3000系に全て置き換えるとしている。


結び

今回の2023年4月1日静岡鉄道運賃改定では、3年6か月ぶりに運賃値上げを図り全線で再び20円の引き上げを行うこととなった。

今後静岡鉄道でどのような運賃改定やダイヤ改正を行うのか、見守ってゆきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました