特急・急行列車グリーン車料金変遷

日本国有鉄道及び旅客鉄道6社の旅客営業規則第130条記載の、新幹線・特急・急行列車に適用の特別車両料金(グリーン料金)の変遷です。

グリーン車は、1969年5月10日の運賃・料金改定で等級制を廃止したことで、それまで1等車の2.2倍の料金(通行税10%含む)から料金上乗せ分を分離したのが始まりです。

なおこのデータの作成にあたり、デスクトップ鉄さんの旅規ポータルを参考に作成し、一部つじつまの合わない点は国鉄監修 交通公社の時刻表(現 JTB時刻表)で照らし合わせました。

下記データの作成にあたり細心の注意を払っておりますが、誤っている可能性があります。ご了承ください。


特急・急行列車グリーン料金変遷

以下の表は横スクロールできます。

特急・急行グリーン車料金変遷
改訂日100キロまで200キロまで400キロまで600キロまで800キロまで1000キロまで1400キロまで1800キロまで2200キロまで特定料金自由席割引備考
1969/5/108008001,4002,0002,6002,6003,2003,8004,400
1974/10/15001,0001,5002,0002,0002,0002,0002,0002,000500100グリーン車料金に対する特定都区市内制度の適用を廃止
1975/3/101,0001,0001,5002,0003,0004,0004,0004,0004,0001,000100
1975/11/201,0002,0003,0004,0005,0006,0006,0006,0006,0001,000以降値引きなし
1976/11/62,0003,0004,5006,0007,5009,0009,0009,0009,0002,000
1977/9/201,0002,0003,0004,0005,0006,0006,0006,0006,0001,000
1981/4/201,1002,2003,3004,4005,5006,6006,6006,6006,6001,100
1982/4/201,3002,6003,8004,9006,0007,1007,1007,1007,1002,300グリーン車利用時は特急料金から500円割引開始
1984/4/201,3002,8004,2005,4006,6007,8007,8007,8007,8002,300
1989/4/11,2202,6203,9205,0506,1807,3007,3007,3007,3002,150通行税(10%)廃止、消費税(3%)導入
1997/4/11,2402,6704,0005,1506,3007,4407,4407,4407,440廃止消費税引き上げ(3%→5%)
2014/4/11,2802,7504,1105,3006,4807,6507,6507,6507,650消費税引き上げ(5%→8%)
2019/10/11,3002,8004,1905,4006,6007,7907,7907,7907,790消費税引き上げ(8%→10%)

単位:円

特定グリーン料金は、総武・内房・外房・成田・鹿島の各線で100キロ以上利用した場合に適用(特急「成田エクスプレス」を除く)。

1982年4月20日より、東海道本線・伊東線東京~熱海~伊東間で100キロ以上利用した場合にも適用(特急「スーパービュー踊り子」を除く)。

JR東日本管内・JR西日本管内の北陸新幹線内・九州新幹線内の特急・急行列車グリーン料金変遷

なお、JR東日本管内・JR西日本管内の北陸新幹線内・九州新幹線内でのみグリーン車を利用する際の料金は以下の料金となります。

改訂日100キロまで200キロまで300キロまで700キロまで701キロ以上
2002/12/11,0002,0003,0004,0005,000
2014/4/11,0302,0603,0904,1105,140
2019/10/11,0502,1003,1504,1905,240

単位:円

JR九州管内の在来線特急・急行列車グリーン料金変遷

またJR九州管内の在来線特急・急行列車のグリーン車を利用する際には、以下の料金となります。

改訂日100キロまで200キロまで201キロ以上
2005/10/11,0001,5302,450
2014/4/11,0301,5702,520
2019/10/11,0501,6002,570

単位:円


TOP