東海道・山陽・九州新幹線料金変遷 2019年消費税増税対応

日本国有鉄道及び旅客鉄道6社の旅客営業規則第125条記載の、国鉄及びJR各社の東海道・山陽・九州新幹線特急料金の変遷です。

1972年3月14日までは距離制で決められていましたが、1972年3月15日以降は三角表で料金が設定されています。

しかし、元が距離制であったため、一部の特例区間を除き距離に基づいて料金が設定されています。

なおこのデータの作成にあたり、国鉄監修 交通公社の時刻表(現 JTB時刻表)を参考に作成し、改訂日など不足している情報はデスクトップ鉄さんの旅規ポータルで照らし合わせました。

下記データの作成にあたり細心の注意を払っておりますが、誤っている可能性があります。ご了承ください。

なお以下の各表は横スクロールできます。


東海道・山陽新幹線料金変遷

東海道・山陽新幹線の基本料金変遷です。普通車指定席を通常利用した場合を記載しています(但し特定区間は自由席利用に限る)。

1972年3月14日までは「こだま」料金、1972年3月15日以降は「こだま」利用時の特急料金を示しています。また1969年5月9日までは2等車指定席を利用した場合の料金です。

1972年3月15に以降は、以下の料金に加算額を合算することで、種別ごとの料金を算出できます。

なお、1975年3月10日より「ひかり」料金が「こだま」料金と同額になりました。

東海道・山陽新幹線基本料金変遷
改定日東海道特定
50キロまで
東海道特定
100キロまで
山陽特定
50キロまで
山陽特定
100キロまで
100キロまで
東京~三島間
200キロまで300キロまで400キロまで500キロまで600キロまで700キロまで800キロまで900キロまで1000キロまで1100キロまで1200キロまで
1964/10/14004008008001,1001,100
1965/10/14004006008001,1001,100
1965/11/15005008001,0001,3001,300
1969/5/106006008001,0001,2001,400
1970/10/14004004004006006008001,0001,2001,400
1972/3/154004004004007007009001,1001,3001,5001,7001,900
1974/10/15005005005009009001,1001,7001,9002,2002,5002,800
1975/3/105005005005009009001,1001,6001,9002,2002,5002,8003,1003,4003,8004,200
1975/11/206006006006001,1001,1001,4002,0002,4002,7003,0003,3003,6003,9004,2004,500
1976/11/66006006006001,3001,6002,2002,8003,4004,0004,5005,0005,5006,0006,5007,000
1978/10/19009009009001,6001,9002,5003,1003,7004,2004,7005,2005,7006,2006,6007,000
1981/4/201,0001,0001,0001,0001,8002,1002,8003,4004,0004,6005,1005,6006,1006,6007,1007,500
1982/4/208008008008001,9002,3003,0003,7004,3004,9005,4005,9006,4006,9007,4007,900
1984/4/208008008008002,0002,5003,3004,0004,7005,0005,4005,9006,4006,9007,4007,900
1985/4/208008008008002,0002,6003,4004,1004,7005,0005,4005,9006,4006,9007,4007,900
1986/9/18009008009002,1002,8003,6004,3004,7005,0005,4005,9006,4006,9007,4007,900
1989/4/18209308209302,1502,8703,6904,4104,8305,1405,5506,0606,5807,0907,6108,210
1997/4/18409508309402,1902,9203,7604,4904,9205,2405,6506,1706,7107,2307,7608,280
2014/4/18609808609702,2503,0003,8604,6205,0605,3905,8106,3406,9007,4307,9808,510
2019/10/18709908709902,2903,0603,9304,7105,1505,4905,9206,4607,0307,5708,1308,670

なお、新大阪~博多間は、1989年3月31日までは700キロまでの地帯、1989年4月1日以降は600キロまでの地帯に準ずる。

単位:円

ひかり料金・ひかり加算料金変遷

東海道新幹線超特急「ひかり」号に適用されていた料金変遷です。

開業当初、「ひかり」料金と「こだま」料金は別物でした。算定根拠は「こだま」特急料金の1.2倍(100円未満端数切り捨て)となっています。

乗り継ぎ時にも別々に料金を徴収していましたが、1968年10月1日から1972年3月14日まで「ひかり」と「こだま」を乗り継ぐ際には「こだま」の特急料金を半額とする乗継割引が適用されていました。

その後1972年3月15日の山陽新幹線岡山開業より、「ひかり」料金は「こだま」料金に加算する形に変更となり、1975年3月10日の山陽新幹線博多開業で差額が消滅、「ひかり」と「こだま」は同額で利用できるようにありました。

まずは東海道新幹線「ひかり」料金変遷です。

東海道新幹線ひかり料金変遷
改定日200キロまで300キロまで400キロまで600キロまで
1964/10/1500100010001300
1965/10/150080010001300
1965/11/1600100012001600
1969/5/10900150015001900
1970/10/1900150015001900

単位:円

次に、東海道新幹線「ひかり」号加算料金変遷です。

東海道新幹線ひかり加算料金変遷
改定日東京-名古屋
1972/3/15400
1975/3/10廃止

のぞみ加算料金変遷

東海道・山陽新幹線「のぞみ」号に適用されている料金変遷です。

山陽・九州新幹線「みずほ」号も下記の加算料金を合算します。

立席・自由席利用時は、「ひかり」「こだま」の特急料金から座席指定料金を差し引いた額となります。

計算方法は、東海道新幹線・山陽新幹線それぞれの区間で距離を算出し、それぞれで下記の表に当てはめます。

東海道新幹線と山陽新幹線を新大阪で跨いで利用する場合には、先程算出した額を合算したものを以下の方法で値引きします。

  • 2003年9月30日まで:新大阪を跨いだ場合、合算額の100円引き
  • 2003年10月1日以降:東京~京都の各駅から新神戸の利用、または京都から新神戸~博多の各駅の利用の場合のみ100円引き

東海道新幹線「のぞみ」号加算料金変遷です。

東海道新幹線のぞみ加算料金変遷
改定日100キロまで200キロまで300キロまで400キロまで500キロまで623キロまで
1992/3/12300450600750850950
1997/4/1310460610760870970
2003/10/1200200200200300300
2014/4/1210210210210310310
2019/10/1210210210210320320

単位:円

九州新幹線料金変遷

九州新幹線の料金変遷です。

山陽新幹線と乗り継ぐ場合は、両者の料金を合算します(ただし普通車指定席利用の際には、座席指定料金を1回分になるよう値引き)。

九州新幹線料金変遷
改定日特定50キロまで50キロまで100キロまで150キロまで
博多~新八代間
200キロまで250キロまで300キロまで
2004/3/13850218021802910
2011/3/12850171021902920361042104810
2014/4/1850175022503000370043204940
2019/10/1870179022903060377044005030

単位:円


TOP