阪神電鉄運賃変遷

  2451回閲覧

阪神電鉄の運賃変遷について見ていく。

なお、各時期の運賃はJTB時刻表の会社線ページを参照し作成した。

阪神電鉄現行運賃

2023年4月1日施行の阪神電鉄運賃表です。

対キロ区間制を採用しています。

阪神電鉄現行普通運賃

鉄道駅バリアフリー料金制度10円を加算しています。

阪神電鉄現行普通運賃
営業キロ(km) 現行運賃
1~4 160
5~8 200
9~13 250
14~18 280
19~24 300
25~30 320
31~34 330

単位:円

阪神電鉄現行加算運賃

なんば線西九条~大阪難波間を1駅間でも利用の場合:90円

ただし、通算利用距離が4km以内の場合、60円


阪神電鉄運賃変遷

阪神電鉄の1974年以降の運賃変遷です。

本線は1974年7月20日改定以降、対キロ区間制により運賃が設定されています。それ以前は区間制でした。

以下の表は横スクロールできます。

阪神電鉄普通運賃変遷

2023年4月1日より鉄道駅バリアフリー料金10円加算を含んでいます。

阪神電鉄普通運賃変遷
改定日
営業キロ(km)
1974/7/20 1975/12/13 1979/1/8 1981/5/6 1984/1/25 1987/5/16 1989/4/1
消費税導入
1991/11/20 1995/9/1 1997/4/1
消費税率改定
2014/4/1
消費税率改定
2019/10/1
消費税率改定
2023/4/1 改定日
営業キロ(km)
1~4 40 60 70 80 90 100 100 120 140 140 140 150 160 1~4
5~8 60 90 100 110 120 130 130 160 180 180 190 190 200 5~8
9~13 80 110 120 130 150 160 170 190 220 230 240 240 250 9~13
14~18 100 130 140 150 170 200 210 230 250 260 270 270 280 14~18
19~24 120 150 150 170 190 220 230 250 280 280 280 290 300 19~24
25~30 140 170 170 190 210 240 250 270 290 290 300 310 320 25~30
31~34 160 180 180 210 230 250 260 280 300 310 320 320 330 31~34

単位:円

阪神電鉄加算運賃変遷

阪神電鉄加算運賃変遷です。

阪神電鉄で1980年代以降に設定されていた加算運賃は、新線開業に伴う加算運賃のみです。

2009年3月20日~:なんば線西九条~大阪難波間を1駅間でも利用の場合90円、ただし通算利用距離が4km以内の場合、60円

コメント

タイトルとURLをコピーしました