15%値上げで50円刻み運賃導入で初乗り200円へ! 秩父鉄道運賃改定(2024年10月1日)

  170回閲覧

15%値上げで50円刻み運賃導入で初乗り200円へ! 秩父鉄道運賃改定(2024年10月1日)

秩父鉄道は2024年5月23日、プレスリリースにて2024年10月1日に運賃改定を行うと公表した。今回はこれについて見ていく。

2024年鉄道バス運賃料金改定まとめはこちら!

全区間で運賃値上げし初乗り200円へ!

今回の2024年10月1日秩父鉄道運賃改定では、運賃値上げを図る。詳細は以下の通り。

秩父鉄道運賃改定比較
改定日
営業キロ(km)
2019/10/1 2024/10/1 値上げ率
1~4 170 200 17.6%
5~6 240 300 25.0%
7~8 310 400 29.0%
9~10 390 450 15.4%
11~12 450 500 11.1%
13~14 480 550 14.6%
15~16 510 600 17.6%
17~18 550 650 18.2%
19~20 590 700 18.6%
21~22 620 700 12.9%
23~24 650 750 15.4%
25~26 680 750 10.3%
27~28 710 800 12.7%
29~30 740 800 8.1%
31~32 780 850 9.0%
33~35 800 850 6.3%
36~38 820 900 9.8%
39~41 840 900 7.1%
42~44 860 950 10.5%
45~47 880 950 8.0%
48~50 900 1000 11.1%
51~53 920 1000 8.7%
54~56 940 1050 11.7%
57~59 960 1050 9.4%
60~62 990 1100 11.1%
63~65 1010 1100 8.9%
66~68 1030 1150 11.7%
69~71 1050 1150 9.5%
72 1070 1200 12.1%




このような運賃改定を行い、定期外15.5%、通勤定期22.5%の値上げを図った。なお通学定期は価格を据え置いている。

今回の2024年10月1日秩父鉄道運賃改定で普通運賃に初乗り8kmまでは100円刻み、その後は50円刻み運賃の導入した。これにより券売機の10円玉を用意する必要がなくなるほか、8kmまで100円刻みなので50円玉も少なくて済む。小銭管理を減らすことで維持費用を削減し地方鉄道が軒並み20%程度の運賃値上げをおこなっているところ15%の値上げに抑えている。

小銭管理コストを抑えて困る人はいないし、きっぷ購入時もおつりが減らせるので手間も減らせる。それで運賃値上げを抑えることができるのであれば効果的だろう。

地方鉄道には今後50円刻み運賃を実践して運賃値上げを抑制してほしいものだ。


結び

今回の2024年10月1日秩父鉄道運賃改定では、運賃を値上げすることとなった。

一方20%程度の運賃値上げが主流な中、50円刻み運賃を導入し小銭管理を減らすことでコストを削減、値上げ率を15%に抑えることとした。

今後秩父鉄道でどのようなダイヤ改正と運賃改定を行うのか、見守ってゆきたい。

2024年鉄道バス運賃料金改定まとめはこちら!

関連資料 – 鉄道事業の旅客運賃及び料金の改定について – 秩父鉄道

コメント

タイトルとURLをコピーしました